佐藤英郎がお届け!理念を〝実〟に繋げる秘訣とは?

ようこそ、ゲスト 様

  • 会員登録
  • ログイン

0点/0円

僕がライフプランをつくる理由

(商品コード:1100917)

生きる力が、じわっと湧いてくる。

  • その他
  • その他
僕がライフプランをつくる理由 著者:島上智

販売価格 (税込):

1,028円

判・製本:四六版・並製本 ページ数:168

発売日:2011年9月15日

ISBNコード:ISBN978-4-905154-11-2

概要

ぼくのような少年を、世の中にこれ以上つくってはならないと思って
いる。
それをくい止めるために、ぼくはこの仕事を選んだのではないかとさえ思っている。 もっと言えば、それが使命なのだと。

ライフプランを設計することは、
家族に対するひとつの愛の形です――

書籍詳細

事件以来、朝、目を覚ました時、天井を見ることで、
ぼくは「生きている」と実感するようになった。

今日も生きていられた、と。

「天井」で生を実感するのは、今でも変わらない。
だから、生きている、生かされていることにぼくは貪欲だ。

誰かと比較して嘆いたり、グチをこぼしている時間はもったいないし、
気持ちが後ろ向きになるので、そんなことに時間を費やさないよう心がけている。

だから、自分の子どもたちにもライフプランを立てて、目標に向かって生きてほしい。
成績はよくなくたって構わない。
自分を生きるために、夢や目標を持ってそこに向かってほしいと思っている。

一生のうち、一日なんて瞬間のこと。
だけど、そのたった一日のことだが、大切に生きようと意識して充実させることも、
粗末にただ時をやり過ごすこともどちらもできる。
それなら、ぼくは充実した一日を送りたいし、家族にもそうであってほしい。
一日を過ごせたことへの感謝の気持ちを込めて、毎晩寝る前にぼくは息子たちに言う。

「今日も一日楽しかったね。明日も楽しいといいね」と。

いつまでもそう言い続けられる人生を、子どもたちに歩んでもらいたい。

(「今日も一日、楽しかったね」より抜粋・編集)

目次
  1. はじめに
  2. あの頃
  3. よっちゃんとはっちゃくとぼく
  4. もったいない
  5. 天井
  6. Dead or Pass
  1. フツーの生活
  2. フツーじゃない
  3. 仕事と女性
  4. 命乞い
  5. 兄、障害者になる
  6. 仕事にプライド、ありますか?
  7. 人は変われる?
  1. ぼくでも変われる!
  2. ライフプランナーを生きる
  3. 本当の「保険」
  4. 今日も一日、楽しかったね
  5. 感謝とゆるしのハワイ
  6. ぼくのライフプラン
  7. あとがき

アチーブメント出版社より

この本は、ソニー生命の
あるライフプランナーの著書です。

しかし、そこでお伝えしていることは保険の価値ではありません。
「ひとりでも多くの人に輝きのある人生を」という想いがこの本には託されている。
そう感じずに入られません。
生きる力がじわっと湧いてくる、そんな一冊です。

著者紹介:島上智(しまかみ・さとる)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
CFPR(サーティファイド ファイナンシャル プランナーR)
住宅ローンアドバイザー(住宅金融普及協会認定)
日本プロスピーカー協会(JPSA)認定ベーシックプロスピーカー

1974年、大阪府生まれ。生まれつき軽度知的障害のある兄とともに育つ。
障害者である兄を抱える家族として、少年時代より自分自身のライフプランを考えざるを得なかった。
幼少期より自分の人生と真剣に向き 合ってきたことが、現職業である「ライフプランナー」の礎となっている。"保険の見積もりの前に人生の見積もりを"をモットーに、ソニー生命 にて、保険を通じて個人・企業のライフプランの作成をサポートしている。様々な人との出会いのなかで、自身の家庭環境に対する解釈・考え方 が変わり、"誰でも人は変われる"という信念のもと、講演・勉強会を開き、多くのお客さまの人生の質の向上に寄与している。

島上智のウェブサイト
http://www.shimakami.com ( しまかみ・ドットコム)
ノーイメージ
  • その他
  • その他
僕がライフプランをつくる理由 著者:島上智

販売価格 (税込):

1,028円

判・製本:四六版・並製本 ページ数:168

発売日:2011年9月15日

ISBNコード:ISBN978-4-905154-11-2

概要

ぼくのような少年を、世の中にこれ以上つくってはならないと思って
いる。
それをくい止めるために、ぼくはこの仕事を選んだのではないかとさえ思っている。 もっと言えば、それが使命なのだと。

ライフプランを設計することは、
家族に対するひとつの愛の形です――