【おすすめ】TVでも話題!勝間式で家事を時短に!

ようこそ、ゲスト 様

  • 会員登録
  • ログイン

0点/0円

21世紀をつくる 人を幸せにする会社

(商品コード:120829)

4500社への調査が明らかにした新事実!

  • 経営
  • その他
21世紀をつくる 人を幸せにする会社 著者:坂本光司

販売価格 (税込):

1,620円

判・製本:四六判・並製本 ページ数:272

発売日:2012年6月14日

ISBNコード:ISBN978-4-7993-1172-1

内容

本当の企業の価値は、財務諸表だけでは見えてこない。
4500社へのアンケート調査が明らかにした、
"高業績の中小企業が共通して大切にしていること"。
今こそ注目したい12の「人を幸せにする会社」。

書籍詳細

60万部突破『日本でいちばん大切にしたい会社』シリーズ著者、坂本光司最新刊!

ベストセラーとなった『日本でいちばん大切にしたい会社』以来、一貫して

「経営の目的は人を幸せにすること。いちばん大切にしなければならない人とは、株主でも顧客でもなく、
社員とその家族、地域社会に暮らす弱き人々」と世に伝え続けている著者の最新刊。
本書では、志を同じくする投資会社「鎌倉投信」と坂本研究室で共同設置した
「価値ある企業の指標の策定に関わる共同研究会(略称:価値研)」が、
全国の企業への膨大な数のアンケート調査や現地ヒアリング調査を基に抽出した
“高業績の中小企業に見られる共通の要素”を紹介していきます。

本書は二章構成。
第一章は、21世紀をつくる“価値ある企業”とはなにか、価値研の研究成果を踏まえて論じていきます。
高業績をあげる中小企業は、
「経営理念力」「人財育成力」「信頼形成力」という“目に見えない3つの企業資源”を育むことで、
「共感力」をつくりだしていると、本書は述べます。
第二章は、そうした共感力をもって、好不況に関係なく高業績をあげ続ける
“人を幸せにする会社”12社を紹介します。

21世紀、あなたはどんな会社で働きたいですか? 21世紀、あなたは自分の会社をどうしていきたいですか?
21世紀に求められる“企業の本当の価値”とは? 経営者、ビジネスパーソン、就活生にもお薦めの一冊。

目次
  1. 第1章21世紀をつくる「価値ある企業」像
    顧客創造の源泉は「人・モノ・金・情報」から「共感資本力」へ
    共感資本は顧客を創造する源泉である
    常識は、単に過去の時代につくられた小さな思考の枠に過ぎない
    「価値ある企業」とは何か
    利益に先行する「3つの指標」とは
    目に見えない企業資源①「経営理念力」
    目に見えない企業資源②「人材育成力」
    目に見えない企業資源③「信頼形成力」
    「社会共有の価値」とは何か掃除に熱心な会社
    価値ある企業に欠かせない、熱きリーダーの存在
  2. 第2章21世紀をつくる「価値ある企業」事例
    雇用創出を社会使命として躍進を続けるIT企業「アイエスネットグループ」
    【コラム】障がい者雇用が進まない理由
    こだわりの商品を提供して各地の名店を陰で支える、地域に愛されるせんべい屋「スギ製菓」
    【コラム】日本の流通の特徴とW-N-W-Nモデルの探求
    「コガワ計画(Mランド益田校)」
    【コラム】掃除に熱心な会社は、なぜ業績もいいのか?
    人と人、人と自然、企業と社会をつなぐ、日本の食文化を支えるトップ企業「エフピコ」
    【コラム】障がい者雇用がもたらす社会価値とは
    障がい者も健常者も、共に働き、共に生きていく社会を実現するカフェ・ベーカリー「スワン」
    【コラム】ヤマト運輸の故小倉昌男氏が障がい者雇用に取り組んだ理由
    ものづくりを通して日本の古き良き生活文化のすばらしさを伝えるブランド「石見銀山生活文化研究所」
    【コラム】ファストファッションとスローファッション
    捨てられる運命にある魚を流通させ、漁業従事者に夢と希望を提供する流通企業「旬材」
    【コラム】持続的成長という言葉が虚しくなる日本漁業の現状
    先史時代からの勾玉の伝統を守るアクセサリー会社「めのや」
    【コラム】一に立地、二に立地といわれるけれど……
    ハーブ、アロマテラピーを通じて自然・健康・楽しさを提供する企業「生活の木」
    【コラム】LOHAS(ロハス)な人々
    経営理念の力で゛憧れて入社したくなる清掃会社゛に生まれかわったビルメンテナンス企業「四国管財」
    【コラム】セルフイメージが現実をつくる
    障がい者支援と商品開発・生産・販売を結びつけ、゛ともにしあわせになるしあわせ゛を共創する通販会社「フェリシモ」
    【コラム】CSRについて考える
    いじめや差別のない明るい社会をつくる人財教育企業「アチーブメント」
    【コラム】なぜ100名強の会社に2万人を超える学生がエントリーするのか?
  3. おわりに
著者紹介: 坂本光司(さかもと・こうじ)
浜松大学教授・静岡文化芸術大学教授等を経て2008年4月より法政大学大学院政策創造研究科(地域
づくり大学院)教授、 及び法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科(MBA)客員教授。他に、国、県、市町や商工会議所等団体の審議会や委員会の委員を多数兼務。専門は中小企業経営論・地域経済論・産業論。
著書に「日本でいちばん大切にしたい会社(1)(2)(3)」(あさ出版)、 「私の心に響いたサービス」、「消費の県民性を探る」、「選ばれる大企業、捨てられる大企業」(以上、同友館)、「この会社はなぜ快進撃が続くのか」(かんき出版)他多数。
坂本光司(さかもと・こうじ)

カスタマーレビュー

新規コメントを追加する

  • 投稿者 :  jack
  • おすすめ度 :  ★★★★
とても参考になりました。
決して形而上的な本ではなく、調査結果と理論に裏付けられており、とても参考になりました。
  • 投稿者 :  大山武尊
  • おすすめ度 :  ★★★★★
企業の「在り方」
売上・利益を追い求めるのではなく、関係者の幸せを追い求めていく考え方に、これからの企業の「在り方」を考えさせられました。
  • 投稿者 :  nainai
  • おすすめ度 :  ★★★★
多くの企業に感じてほしい
多くの日本企業が今一度基本に立ち戻らなくてはいけない、そう思わせられる本でした。
  • 経営
  • その他
21世紀をつくる 人を幸せにする会社 著者:坂本光司

販売価格 (税込):

1,620円

判・製本:四六判・並製本 ページ数:272

発売日:2012年6月14日

ISBNコード:ISBN978-4-7993-1172-1

内容

本当の企業の価値は、財務諸表だけでは見えてこない。
4500社へのアンケート調査が明らかにした、
"高業績の中小企業が共通して大切にしていること"。
今こそ注目したい12の「人を幸せにする会社」。