ようこそ、ゲスト 様

  • 会員登録
  • ログイン

0点/0円

「売る」仕組みのつくり方 起業家のための社長学
―第3部戦法〔営業・マーケティング〕編―

(商品コード:10000849)

社長の本当の仕事は「売る」仕組みをつくること

  • 経営
  • 青木仁志
「売る」仕組みのつくり方 起業家のための社長学
―第3部戦法〔営業・マーケティング〕編― 著者:青木仁志

販売価格 (税込):

1,620円

判・製本:19 x 13.4 x 2.6 cm・上製本 ページ数:216

発売日:2006年10月24日

ISBNコード:ISBN978-4902222-41-8

概要

こんな仕組みがあったのか!
―2,000人以上の経営者が熱烈に支持―
「売る」プロが明かす、
最強の売り方・売る仕組み
【限定キャンペーン】
青木仁志の著書が、送料無料!

(※青木仁志の著書のみをご購入いただいた場合に限ります)

限定キャンペーン

数量

カートに追加する
書籍詳細

「偉大なアイデアにお金は集まる」-青木仁志

起業した以上は、事業は勝たなければ(成功しなければ)ならない。
勝つためには、勝つためのセオリーがある。私は、今回の三部作で、勝つためのセオリーを語ってきた。本編はその仕上げである。
勝つためのセオリーとは、特別なことではない。土台となる確固たる経営理念、ビジョンを掲げ、理念、ビジョンを具現化する戦略を策定し、戦術を考え、効果的かつ効率的な戦法(戦闘)を実践していくことである。 そこで、『起業家のための社長学』第1部戦略(理念経営)編では、理念に支えられた戦略について考えなければならないこと、第2部『小さな会社で大きく儲ける法』戦術(実務・マネジメント)編では、現実的な「ヒト、モノ、カネ」のマネジメントについて言及してきた。

第3部戦法(営業・マーケティング)編では、戦法の核となる『「売る」仕組みのつくり方』について、第1部、第2部同様、私の経験に基づいた、とっておきの秘訣を開陳していきたいと思う。
起業家として圧倒的に勝利するための絶対条件10

「売る」仕組みづくりの戦法について語る前に、第1部、第2部でふれてきた起業家として成功するための絶対条件をおさらいの意味も含めて、10ポイントに整理しておこう。

最初に起業家が成功するための絶対条件についてふれるのには理由(わけ)がある。戦法の話はきわめてテクニカルな内容である。テクニカルな話は、とかく即効性に重きを置いたノウハウ論に陥りやすいので、目先のことにとらわれて経営の本質を見失いがちになる。 私の戦法論は、今まで営業に人生を、命を賭けてきた私の肉声である。それは、絶えず経営の原理原則に立ち戻っていく。

読者の皆さんは、私がこれから書いていく内容は単なる技術的な話ではなく、本当にビジネスの戦闘に勝つための血の通った秘訣であるということを、肝に銘じて読み進んでいただきたい。 起業家として勝利するための絶対原則10を具体的にあげていこう。

目次
  1. 序文 起業家として圧倒的に勝利するための絶対原則10
    「売る」力とは経営力である / 「売る」とは善なる行為以外のなにものでもない /
    「売る」仕組みをつくる五つの柱
  2. 第1章「売る」仕組みは社長にしかつくれない
    THE BUCK STOPS HERE / 会社の原版は社長である /
    「営業は営業本部長に任せる」は大間違い など
  3. 第2章「売る」仕組みをつくる
    口コミを起こす仕組みをつくる / 一回のセールスで一生の協力者をつくる / 八七・五%という口コミを生み出す仕組み づくり など
  4. 第3章「売る」仕組みをまわす
    「売る」仕組みをまわす五つのポイント / 「売る」発想に変える ◎見込み客の開拓に時間を割かせる
    「売る」トークに変える ◎徹底した応酬話法を磨かせる など
  5. 第4章「売る」人材を育てる仕組み
    社員が目標達成する仕組みづくり / 必ずメモをとらせる など
  6. 第5章「売る」人材を採用する仕組み
    採用段階から仕組みを用意する / 新卒社員が入社三ヶ月で成果を出し始めるしくみ
    新卒は使えない」は間違った思い込み など
  7. 終章『起業家のための社長学』三部作の終わりにあたって
    絶対に負けない経営 / 成長し続ける経営 / 理念経営は不変の信念である / あとがき
読者の声
  • シリーズを一気に読みました。大変おもしろかったです。
    (京都府・43歳・男性)
  • 作り方がわかったので、あとはやるだけです
    (宮城県・35歳・男性)
  • 売る為の実践的な内容であり、とても満足している。タイトル通りのよい本と感じた。
    (広島県・35歳・男性)

アチーブメント出版社より

あなたは、口コミ販促率【87.5%】と聞いてどう思うでしょうか?
「すごい数字だ!」「そんな数字は、ありえない。」と思うでしょうか?
2000人以上の経営者から熱烈に支持を受けるカリスマコンサルタント、青木仁志は
「経営者が「売る」仕組みをしっかりとつくりさえすれば"口コミ"はつくることができる」と話しています。
『起業家のための社長学』最終章となる『「売る」仕組みのつくり方』には
驚異の口コミ率をつくる秘訣をはじめ、数々の「売る」仕組みが余すところなく網羅されています。
「売る」ための秘訣が全て網羅されているこの本を読んであなたの組織にあった最強の「売る」仕組みをつくりましょう!

著者紹介:青木仁志(あおき・さとし)
北海道生まれ。国際企業Britannica(ブリタニカ)においてセールス、セールスマネージャーとして数々の賞を受賞。能力開発コンサルティング会社にて営業統括本部長、取締役を経て、 1987年人材教育コンサルティング会社「アチーブメント株式会社」を設立。1998年から2006年まで厚生労働省ビジネスキャリア制度認定講座実施機関として活動する。自ら開発し、講師を務める「戦略的目標達成プログラム『頂点への道』講座」は、18年間で連続482回開催。新規受講生は20,685名。その他、研修講師として、延べ23万人以上の研修を担当。「2008年F1日本グランプリ」において、唯一の日本人ドライバーの中嶋一貴氏が所属するチームウイリアムズのスポンサーとして参画。2009年から全日本F3選手権シリーズナショナルクラスに『ACHIEVEMENT by KCMG』チームの冠スポンサーとして参戦。2010年はパナソニック以来18年ぶりに「アチーブメント全日本F3選手権」としてメインパートナーに就任。22年間培ってきた独自の研修技術を活かし、世界に羽ばたくF1ドライバーを育てるプロジェクトを推進している。
→青木仁志オフィシャルサイト http://www.aokisatoshi.com/
青木仁志(あおき・さとし)

カスタマーレビュー

新規コメントを追加する

  • 投稿者 :  ヤス
  • おすすめ度 :  ★★★★
経営者だけの本ではありません。
日々の忙しい業務の中で、大切なことを見失いがちになることを気づかせてくれます。特に理念から一貫した行動とそのプロセスにおいて、周りの部下一人ひとりに対しての心配りやチェックが足りなかった自分に深く反省させられました。経営者だけでなく、マネジメントに携わっている人にも読んで欲しい本です。
  • 経営
  • 青木仁志
「売る」仕組みのつくり方 起業家のための社長学
―第3部戦法〔営業・マーケティング〕編― 著者:青木仁志

販売価格 (税込):

1,620円

判・製本:19 x 13.4 x 2.6 cm・上製本 ページ数:216

発売日:2006年10月24日

ISBNコード:ISBN978-4902222-41-8

概要

こんな仕組みがあったのか!
―2,000人以上の経営者が熱烈に支持―
「売る」プロが明かす、
最強の売り方・売る仕組み
【限定キャンペーン】
青木仁志の著書が、送料無料!

(※青木仁志の著書のみをご購入いただいた場合に限ります)

限定キャンペーン

数量

カートに追加する