ようこそ、ゲスト 様

  • 会員登録
  • ログイン

0点/0円

警鐘

(商品コード:191005)

  • 経営
  • その他
警鐘 著者:渡邉美樹

販売価格 (税込):

1,430円

判・製本:四六判・並製本 ページ数:280

発売日:2019年10月7日

ISBNコード:ISBN978-4-86643-060-7

概要

6年間の議員生活の中で見た日本の未来に待ち受ける危機と、そこで生き残っていくための中小企業経営を教える一冊。

書籍詳細

テリー伊藤さん推薦!
「この男は逆風に強い
嵐の中の日本、
渡邉美樹に頼るしかない」

財政危機の日本で、中小企業経営者に送る警鐘とエール!

「このままでは、日本はつぶれる」
ワタミ創業者の渡邉美樹は、議員生活を終えた今、こう語る。

渡邉は、経営者としての意見を政治に反映させるべく、10万人の票に後押しされて国会議員となった。
しかしそこにあったのは、一人の声では変えようのない政治の姿。
国債の赤字が毎年膨らんでいるにも関わらず、各省庁の予算は年々増えるのが当たり前だった。

「このままでは、日本の財政はさらに悪化し、
財政破綻した韓国やギリシャ、アルゼンチンのような混乱に陥るだろう」

しかし、変化や時流を見極め、そのなかでどうなっていくかを考えるのが経営。
中小企業は、国に命運をゆだねるのではなく、生き残るための経営に舵を切るときに来ている。
経営者は、会社だけでなく、社員とその家族を守らなければならない。

渡邉が創業したワタミは、議員として経営を離れているあいだに、経営危機に陥った。
しかし、今は業績が回復し、五千億企業を目指すほどに成長している。

中小企業経営と大企業経営、経営者と政治家、
右肩上がりの経営と、経営危機からの復活。

危機の時代を乗り切る未来に向けた経営を、中小企業経営者に伝える一冊。

目次
  1. 第1章破綻
    経営者は国の将来を読むべし
    膨張する日本の予算
    欧米先進国との比較
    海外で起こった悲劇
    少子高齢化と社会保障費の膨張
    年金崩壊〜老後に必要なのは6000万円?〜
    アベノミクスは失敗
    出口なき日銀の量的緩和
    未来への責任を放棄した政治
    MMT理論を声高に叫ぶ愚
    縮小する日本経済から活路を見いだす
  2. 第2章出馬
    陸前高田は「日本の縮図」
    都知事選に出馬したワケ
    「存在対効果」を高めるために
    アベノミクス第3の矢への期待
    納得できない東電の存続
    世界と戦える農業へ
    全体最適よりも部分最適な政治
    政治家として0点
    孤独な戦いを支えた10万4176票
    教育で国を変えるしかない
  3. 第3章危機
    債務超過寸前に追いこまれる
    3つの投資の失敗
    同じルートを走る2台のトラック
    お客さまを裏切る「ワタミ宴会事件」
    割引券の乱発
    29年間でもっとも悩んだ介護事業の売却
    強すぎた「和民」
    企業は「生態系」そのもの
    大量採用の弊害
    全員との文通から、従業員アンケートへ
    共感してくれる仲間がいれば、何度でも再生できる
    ブラック企業批判に心が折れなかった理由
    倒産寸前でも、1人もクビにせず
    「経営の現場に戻れ」という声
    創業者より贈る「10+1箇条」
    一つひとつの課題にトドメを刺す
    ブレない経営者は未来の想像力を持っている
  4. 第4章ワタミモデル
    社員とその家族を守るために
    ワタミの「語り部」をつくりたい
    正しい道ではなく「行く道」を決める
    鳥の目と虫の目
    財政破綻に2段階で備える
    なぜ7割の中小企業が赤字なのか?
    セブン―イレブンやアマゾンにできないことしかやらない
    儲けることが、社会貢献に近づく時代
    円安が日本の環境保全の追い風に
    非営利団体も、日本破綻に備えた運営を
    100年企業の象徴「ワタミオーガニックランド」
    まじめにやれば、成り立つのが経営
  5. 第5章経営者育成
    会社はつぶしてはいけない
    経営者は常に学びつづける
    時間に目的を持たせる
    「重要だけど、緊急ではないこと」を優先する
    生涯現役を貫く

アチーブメント出版社より

ワタミ創業者の渡邉美樹氏が、2013年以来6年ぶりにワタミの経営に復帰します。

6年間の議員生活の中で見てきた日本という国の実情は、
経営者の目からは信じられないものでした。

これからますます変化していく日本経済の中で、
会社と社員を守るために、経営者は何をすればいいのか。

政界と経済界の双方を知る渡邉氏が、中小企業経営者へ伝えます。

著者:渡邉美樹(わたなべ・みき)
ワタミ株式会社代表取締役会長兼グループCEO・元参議院議員
ワタミグループ創業者。「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになろう」という理念のもと、外食・介護・宅食・農業・環境等の事業を展開し、「独自の6次産業モデル」を構築。
実名企業小説「青年社長 上・下」「新青年社長 上・下」(高杉良著)の実在モデルでもある。
日本経団連理事、政府教育再生会議委員、神奈川県教育委員会教育委員、日本相撲協会「ガバナンスの整備に関する独立委員会」委員、観光庁アドバイザーを歴任。現在、「学校法人郁文館夢学園」理事長、「公益財団法人School AidJapan」代表理事としてカンボジア・ネパール・バングラデシュでの学校建設(308校)・孤児院運営、「公益財団法人みんなの夢をかなえる会」代表理事として、実践経営塾「渡美塾」や若者の夢の支援、「公益財団法人Save EarthFoundation」代表理事として、限りある自然資源を有効利用し、持続可能な循環型社会づくりにも携わる。「医療法人盈進会岸和田盈進会病院」元理事長として、病院経営も経験。
2011年、行政に経営を持ち込むため東京都知事選に立候補。101万票を獲得。
同年6月より、岩手県陸前高田市参与(震災復興支援)に就任。
2013年、参議院選挙(全国比例区)において、104,176票を獲得し当選。
財政再建と脱原発をはじめ、6年間、経営者の視点で政策提言をつづけ、「外交防衛委員長」も経験する。
2019年7月、参議院議員を退任し、ワタミ株式会社取締役ファウンダーとして経営復帰。
2019年10月、ワタミ代表取締役会長兼グループCEOとして本格経営復帰。
渡邉美樹
  • 経営
  • その他
警鐘 著者:渡邉美樹

販売価格 (税込):

1,430円

判・製本:四六判・並製本 ページ数:280

発売日:2019年10月7日

ISBNコード:ISBN978-4-86643-060-7

概要

6年間の議員生活の中で見た日本の未来に待ち受ける危機と、そこで生き残っていくための中小企業経営を教える一冊。